2017年11月19日 ペテロの手紙第一 -心を引き締めよ-

ですから、あなたがたは、心を引き締め、身を慎み、イエス・キリストの現われのときあなたがたにもたらされる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。
Ⅰペテロ1:13


講解説教No.5
Ⅰペテロ1章13~16節

 クリスチャンは悲しみのただ中で大いに喜ぶことができます。その説明を受けた手紙の読者たちは大いに励まされました。ただクリスチャンは激励されて終わりではありません。神に選ばれ、イエスと同じ復活体を頂き、永遠の資産を受け継ぐと励まされ、「ですから…心を引き締め、身を慎み…聖なるものとされなさい」と、救われた者としての応答が求められています。心を引き締めるとは、力仕事や走る時に当時の裾の長い服を腰帯でギュッと締めるニュアンスです。試練の中だからこそ、「よし、やるぞ!」といった姿勢が求められています。「身を慎め」とは「酔っぱらうな」とのもとの意味で、酒にも主のおしえ以外の考えや思想にも酔うなとの勧めです。つまりクリスチャンとして前後不覚にならず、平静で冷静な判断を保つことが求められています。気合を入れて単に心を引き締めていては身が持ちません。必ず実現するキリストの再臨を保証として心を引き締めると良いのです。また、従順な子どもとなることも求められています。キリストを手本とした生活を送ることです。消極的には欲望に従わない生活です。欲に従う人の特徴は「無知」です。無知とはイエスを知らないことです。救いのための世の光、救われた者がどのように歩んだらよいかの道しるべとなる方を知らないとなると、自分の好きなように歩むほかないのです。欲に引かれる人は強い意志を持とうとするのではなく、イエスを知ろうとしてください。最後に「聖なるものとされなさい」との勧めです。心引き締め、身を慎み、従順になることが聖なるものとされることです。このような歩みは無理だと考える人は「聖なるものとなる」と考えている人です。聖書は「聖なるものとされなさい」と勧めています。聖とするのは私たち自身ではなく神です。そうならば必ずできます。神がさせてくださいます。

2017年11月19日 週報より報告

【教会会議】
☆11月12日(日)聖餐式及び教会会議が行われました。各部(ドルカス会、兄弟会、青年会、日曜学校)、委員会(物品施設、伝道、運営)の報告が行われ、9,10月の会計報告が承認されました。

【部会】
☆11月16日(木)ドルカス会で礼拝が行われ「成熟を目指して」と題してへブル5章から語られました。11月18日(土)青年会で聖書の学びが行われマルコ4章から「みことばを聞く力」について考えました。

【本日の予定】
☆14時から午後礼拝を行います。
☆午後礼拝後、清掃および聖歌隊の練習を行います。

【予定】
☆11月26日(日)13時から大掃除を行います。同日15時30分から牧師は京葉地区合同青年会で説教奉仕です(会場:船橋BBC)。☆12月2日(土)10時から教会フローリングのワックスがけを行います。
☆12月10日(日)13時30分から臨時教会会議を行います(会議にて承認済)。

【クリスマス特別献金】
☆国内開拓支援を行っているカルバリの丘バプテスト教会、上田聖書バプテスト教会、足利聖書バプテスト教会の各先生ご家族にクリスマス献金をささげます。そのための特別献金を募ります。配布資料を参考に祈りにつつおささげください(会議にて承認済)。

【クリスマスの予定】
☆9日(土)14時~青年会
☆14日(木)10時~ドルカス会
☆16日(土)14時~日曜学校
☆23日(土)18時~燭火礼拝
☆24日(日)11時~クリスマス礼拝/昼食時祝会

2017年11月12日 ペテロの手紙第一 -見てはいないけれども信じている-

「あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。」                Ⅰペテロ1:8

講解説教No.4
Ⅰペテロ1章8~12節

 クリスチャンは悲しみのただ中で大いに喜ぶことができます。それは「信じている」ということが喜びと幸福を確信させてくれているからです。著者のペテロは肉体を持つイエスに直接お会いしていました。しかし私たちは直接お会いしたことも、触れたこともありません。それなのに愛しているのです。愛するというのは、神の祝福が欲しいから信じ、愛するのではありません。信じ、愛した結果、神の祝福に預かるのです。その意味から、ご利益を前提とした宗教には本来愛を必要としません。その宗教においても「信じる」という言葉が使われるでしょうが、「イエスを信じる」と同じにはなり得ません。直接お会いしていないのに愛しており、試練の中で悲しみつつも、イエスと直接お会いするのをずっと待ち望むことなど、利益を優先する人たちには極めて難しいことなのです。試練の中でこそ、イエスを信じている信仰こそが喜びと幸福を確信させてくれていることを知ってください。この救いについて聖書の預言者たちは熱心に尋ね、また細かく調べました。私たちは救いの喜びを知っていますが、彼らはそれを知らないから、知りたくて尋ね、調べたのです。また御使いたちも、この救いとその喜びについてはっきり見たいと願いました。御使いたちも味わいたかったからです。私たちは味わっているのです。ペテロは手紙の読者たちに、与えられた救いの素晴らしさと偉大さを言葉を言い換えながら、くどいほどに繰り返し教えました。その救いに基づくなら試練のただ中で本当に喜ぶことが出来るからです。救いの教えをリピートし続けているもう一つの目的は、私たちが救いの素晴らしを忘れてしまう(見失ってしまう)からです。日常の勉強や仕事の忙しさで忘れ、人間関係で忘れ、逆に魅力的なことが他に起こると忘れてしまうのです。私たちに与えられた救いはそんなにもく弱いものでしょうか。そうではないのだとしたら、どうしてそうではないのか、みことばからしっかり検証してください。検証したなら、あなたの困難な状況の時、改めて自分に与えられた救いを見つめ直してください。そして、これ以上大丈夫と言えるものはないとの結論が出て来ることを確かめましょう。

2017年11月12日 週報より報告

【ヴィジョンの再確認】
☆2017年もあとわずかとなりました。ヴィジョンである「主のみこころが完成することを願い祈る」を実行しているかを再確認しましょう。キリストの再臨によってみこころは完成されます。ですから、主が再びおいでになることがひとりひとりの願いになっていることで、ヴィジョンが達成されたと言えます。それはペテロの手紙からも養われます。

【本日の予定】
☆13時45分から聖餐式および教会会議を行います。教会員はご出席ください。
☆教会会議後、日曜学校教師会を行います。

【予定】
☆11月13日(月)牧師はJBBF理事会の会議に出席します(東京聖書バプテスト教会)。
☆11月16日(木)10時30分からドルカス会の礼拝を行います。
☆11月18日(土)13時から青年会の聖書の学びを行います。
☆11月26日(日)13時から年末大掃除を行います。雑巾ご提供にご協力ください。この日の午後礼拝はお休みとなります。
☆11月26日(日)15時30分から、牧師は京葉地区合同青年会で説教奉仕です。テーマは「この世にあって勝利者として歩むには」です。お祈りください。

【クリスマスの予定】
☆主のご降誕記念であるクリスマスの祝福をお祈りください。以下12月のクリスマスの予定です。
☆9日(土)14時~青年会
☆14日(木)10時~ドルカス会
☆16日(土)14時~日曜学校
☆23日(土)18時~燭火礼拝
☆24日(日)11時~クリスマス礼拝/昼食時祝会

【フェローシップ】
☆タイ宣教の泉浩一宣教師から宣教レポートが届いています。
☆2018年青年フェローシップキャンプの第三報が届いています。分科会情報が掲載されています。

2017年11月5日 ペテロの手紙第一 -しばらくの間の試練の中で-

そういうわけで、あなたがたは大いに喜んでいます。いまは、しばらくの間、さまざまの試練の中で、悲しまなければならないのですが、
                 Ⅰペテロ1:6


講解説教No.3
Ⅰペテロ1章6、7節

 クリスチャンが抱く喜びは、悲しいことが過ぎ去ってから抱く喜びではありません。悲しみのただ中で抱く喜びです。悲しみや苦しみがないことが喜びだという常識の枠を一度はずして聖書の語ることを聞いてください。聖書は「そういうわけで…(悲しみの中ですが)大いに喜んでいます」と言います。イエスと同じ復活体を頂く生ける望みがある(3)から悲しみの中でも喜び、朽ちることのない永遠の資産を神から頂くので(4)悲しくても喜ぶことができるのです。人の心の持ちようではありません。罪と死に勝った完全な復活体と永遠の資産から抱くことの出来る喜びなのです。それ以外の望みがあっても成り立ちません。
クリスチャンが抱く悲しみ、苦しみは有益なものです(無益な苦しみもあります。)それは信仰が本物かどうかを試すものとして有益です。ペテロは信仰を「金」と比較しています。金は腐敗しない物質の一つですが、実際は度重なる使用や圧力によって朽ちて行きます。しかし真の信仰は腐敗しません。今後も苦しみの伴う試練を経験するでしょう。でもそれらは私たちを打ち砕くものではありません。むしろ私たちの信仰を養い成長させるものです。罪の性質を帯びている私たちは信仰にどうしても不純物が混ざってしまいます。その信仰を純粋に保つには火(試練)を通して精錬することが必要となります。信仰の純粋さは試練を通してのみ証明されます。私たちの情勢が好ましいとき、クリスチャンであることは容易でしょう。しかし社会でみ言葉に従って歩もうとすると必ず波風が立ちます。そのとき気まぐれな信仰を持つ人は次第に主のもとから去って行くでしょう。本物の信仰はキリストが現れて直接お目にかかる時「称賛と光栄と栄誉」、つまりキリストから褒められるのです。これ以上の喜びはありません。

2017年11月5日 週報より報告

【中高生特別集会】
☆10月29日(日)中高生特別集会が行われました。「受験について」創世記2章から、何のために受験(進学)し、誰のために将来働くのか、原則を学びました。

【聖書の学び】
☆11月2日(木)ドルカス会でマルコ4章を、11月4日(土)青年会でマルコ3章を学びました。いずれも各章ごとに、文脈(みことばの前後関係)から聖書を正しく読み取るための学びを行いました。みことばの豊かさを自ら汲み取ることができるようになります。

【本日の予定】
☆14時から午後礼拝を行います。テサロニケ人への手紙第二の4回目です。
☆午後礼拝後、清掃、聖歌隊の練習を行います。

【予定】
☆11月12日(日)13時45分から聖餐式及び教会会議を行います。教会員はご出席ください。
☆11月26日(日)昼食後、年末大掃除を行います。動きやすい服装をご用意ください。この日の午後礼拝はお休みとなります。

【牧師の予定】
☆11月13日(月)JBBF理事会の打ち合わせが東京聖書バプテスト教会で行われます。
☆11月26日(日)15時30分、京葉地区合同青年会の説教奉仕です(船橋BBC会場)。テーマが「この世にあって勝利者として歩むには」です。お祈りを。

【宣教レポート】
☆各宣教レポートが届いています。国内宣教:八王子聖書バプテスト教会(西原智彦師)、松江聖書バプテスト教会(柳谷徹師)、海外宣教:インドネシア(広瀬憲夫宣教師)、バングラデシュ(富岡昌宣教師)。掲示板をご覧ください。

2017年10月29日 ペテロの手紙第一 ‐神がほめたたえられますように‐

私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。
Ⅰペテロ1:3


 「神がほめたたえられますように」とは手紙の決まり文句のような安易なものではありません。この一文は聖書の中でも最も重要な祈りであることに気づかされます。なぜなら神がほめたたえられることは神のご計画の第一だからです。「ほめたたえる」という言葉が聖書の一番最初に使われているのは創世記1:22です。「神はそれらを祝福して仰せられた」天地創造の五日目、神は海と陸を分けられ、それぞれに水の中に生きる物と翼のある生き物とに創造されました。それを祝福されたのです。ここで神は双方に「ふえよ」と命じられました。ふえても水の生き物が陸に、空の鳥が水に生きることは命じても、赦してもいません。そのように「祝福(ほめたたえる)」は「分ける、区別する」という概念があります。また創造における七日目を祝福されたとき、他の一日目から六日目までとを完全に区別し、七日目を聖であるとされました。「聖である」」とは神のもの(所有)ということです。神のものとそうでないものとを区別することが聖であることの持つ意味です。そうすると、「神がほめたたえられますように」とは神が聖なるもの、すなわちご自分のものとそうでないものを分けるお方であることを指し示しているのです。そのような神ゆえになされるご計画が、「私たちを新しく生まれさせる」ことです。滅びの中から呼び出されて他と区別されるのです。新しく生まれるとは、イエスキリストが死者の中からよみがえられたことによって、生ける望みを持つようにしてくださったとあるように、朽ち果てる私たちの肉体を霊とともによみがえさせるということです。これは単なる望みではなく「生ける望み」です。叶うか叶わないか不確かなものではなく、イエスの復活を根拠に必ずよみがえるという望みです。新しく生まれるという生ける望みを4節では「朽ちることのない資産」と言い換えています。5節でも「神の御力によって守られており…救いを頂く」と言い換えられています。このように救いについて、これを聞く人たちに深みを増させているのです。試練の中で尊い救いを忘れることのないためです。救いは神から与えられた永遠の資産です。神が区別された永遠の所有地、天国の祝福が与えられます。イエスと同じ復活体を与えられた私たちは滅ぶべきこの地をうろうろとさ迷い歩かないのです。将来永遠の資産をちゃんと受け取ることが出来るように、神は今私たちを守ってくださっています。困難に会わないように守るのではなくて、困難があろうとなかろうと神の平安で完璧な守りを与えてくださっているのです。