2018年5月20日 ペテロの手紙第一 -試練の受け止め方-

むしろ、キリストの苦しみにあずかれるのですから、喜んでいなさい。それは、キリストの栄光が現われるときにも、喜びおどる者となるためです。         Ⅰペテロ4:13

講解説教No.24
Ⅰペテロ4章12~19節

 ここにはクリスチャンが主の御名のために被る苦しみに関して、勧めと説明がされています。ペテロはクリスチャンに起こる試練を「普通に経験すること」と見なすように教えています。それを驚き怪しむよりもむしろ喜んでいなさいと。なぜならキリストの苦しみにあずかれるからです。「キリストの苦しみ」とは、イエスが受けられた十字架の苦しみのことです。私たちはイエスの贖いの苦しみにあずかることは出来ませんが、イエスが人として地上で耐え忍ばれた同じ種類の苦しみにあずかることができます(主が受けられた拒絶や非難)。キリストの苦しみにあずかるとは、キリストと同じ苦しみを分かち合うことです。これは祝福です。なぜならキリストを深く知るようになるからです。キリストと同じ苦しみを分かち合うことは再臨のキリストを分かち合うことです。キリストの苦しみがもたらすものは復活と栄光です。イエスが再びおいでになるとき、私たちは喜び踊る者となるのです。苦難におけるもう一つの祝福は神の御霊がその人の上にとどまってくださるというものです。御霊がとどまることは、その人に神のみわざが働くことで明らかになります。その人を通して誰かがキリストに導かれることは大きなみわざです。御霊は、この地上でクリスチャンを神の民として輝かせてくださいます。横暴な主人にも喜んで従い、欲のためにではなく、主のみこころのために過ごす生き方はキラキラ輝きます。このとき御霊が特別とどまります。自らのために働く人の上には御霊はとどまりません。私たちは意味のない苦しみを受けることは決してありません。楽しみであろうと苦しみであろうとそれを与えるのは神です。私たちを愛する神にみこころの中を生きているからです。そうであると、どうしてかわかりませんが、どんなに苦しくてもみこころに従う意欲というものが自分の中から消えることはないのです。喜びです。

2018年5月20日 週報より報告

【先主日】
☆5月6日(日)聖餐式と教会会議が行われました。同日、送別会が行われました。

【メダンミーティングの祝福】
☆5月14日(月)~18日(金)牧師はメダンミーティングに出席しました。中国、香港、インドネシア、日本の各宣教師、牧師、伝道師が30名集いました。各国の教会の現状と課題を報告しました。今後の教会形成と世界宣教の展望を語り合いました。お祈りを感謝します。スラバヤのテロが心配されています。田村宣教師と教会が主に守られ、大胆に宣教を続けることが出来るようにお祈りください。

【本日の予定】
☆14時から午後礼拝を行います。舌・言葉の管理について語られます。
☆清掃後、聖歌隊の練習を行います。

【予定】
☆5月27日(日)墓前礼拝を行います。教会を13時に出発します。この日の午後礼拝はありません。
☆6月2日(土)兄弟会の交わり会が行われます。奥多摩の温泉に出かけます。
☆6月7日(木)10時からドルカス会の「フラワーアレンジメントと聖書のお話の会」を行います。
☆6月16日(土)13時-14時30分、聖書講演会の日曜学校枠を行います。聖書のお話とプレゼント作り(クッキング&メッセージカード)
☆6月24日(日)午前、牧師は八王子教会伝道集会の説教奉仕です。この日の立川教会での説教者は小林太秀師(仁戸名BBC)です。

【神学校】
☆6月26日(火)~29日(金)神学校の卒業カンファレンスと卒業式が行われます。講師はアル・ライクマン師、説教者はラージャス師です。

【伝道特別献金】
☆聖書講演会に伴い、伝道特別献金を募ります(5/20-6/10)。互いに伝道の重荷を分かち合うためにささげます。

2018年5月13日 ペテロの手紙第一 -神の恵みの良い管理者として-

それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。             
Ⅰペテロ4:10


講解説教No.23
Ⅰペテロ4章9~11節

 教会において互いに熱心に愛し合うことは、相手の欠点や失敗をゆるすことだと申し上げました。ゆるしていることの現れの一つとして、ペテロは「つぶやかず、互いに親切にもてなし合う」ことを教えました。当時は旅人を実際にもてなすことが聖書で勧められていました(ローマ12:13)。旅人を中途半端に招き入れることは互いに害を及ぼすことになります。このことから私たちに適用するなら、見返りを期待することなく、その人のために親切にすることが求められています。ただゆるすだけではなく、渋々親切にするのでもなく思い切って親切にするなら喜びも増します。次にペテロはもてなし合うことの具体的な実践として、賜物を用いて仕え合うことを教えています。賜物は全てのクリスチャンに与えられています。これは自分のために使うものではなく、兄姉たちのために役立てるものです。自分のやりがいのある場所が奉仕ではありません。自分を高めたり、自分をアピールすることが奉仕ではありません。他の兄姉たちの益となることが奉仕です。賜物でもてなし合うのです。聖書がそう教えているように賜物が使われているかどうかを示す目安は、その奉仕によって皆が神を崇めているかどうかです。「語る」奉仕の人も、自分の主張ではなくキリストを語っているなら神が崇められるでしょう。それが「神のことばによってふさわしく語る」ことです。「奉仕する」人も自らの力で奉仕するのではなく「神が豊かに備えた力で奉仕する」なら神が崇められるでしょう。私たちは与えられた賜物の管理者です。その賜物の所有者は神であって私たちのものではありません。それを自覚するなら賜物を生かしてより仕え合うことができます。この教えに照らして、今の自分の奉仕がどういう位置にあったかをよく吟味して、この万物の終わりに、愛し合い、もてなし合い、仕え合いましょう。

2018年5月13日 週報より報告

【先主日】
☆5月6日(日)立川教会の礼拝及び午後礼拝で調布教会の片山大輔師がみことばを取り次ぎ、主の祝福を頂きました。
☆5月6日(日)牧師は滝山教会の修養会でみことばを取り次ぎました。ヨハネ15章から、実を結ぶために教会に必要なことが語られました。

【青年会】
☆5月12日(土)青年会が行われました。2020年主催の青年フェローシップキャンプについて、その他の青年会行事について打合せが行われました。

【本日の予定】
☆昼食時に送別会を行います。兄はすでに横須賀に越され、次週より横浜聖書バプテスト教会に集います。今後の教会生活が祝福されるようにお祈りください。
☆14時から聖餐式及び教会会議を行います。教会員はご出席ください。
☆会議後、日曜学校教師会を行います。

【メダンミーティング】
☆5月14日(月)~18日(金)インドネシアで行われるメダンミーティングに牧師が出席します。中国、香港、インドネシアの各国の宣教師、伝道師と宣教についての意見交換会が行われます。今晩マレーシア航空MH071便で21時40分成田発です。帰国は同航空MH088便で5月19日(土)7時40分成田着です。祝福をお祈りください。

【予定】
☆5月16日(水)の祈り会、および5月17日(木)のドルカス会は牧師不在のためお休みとなります。
☆5月27日(日)墓前礼拝を行います。教会を13時に出発します。配車準備のため参加希望者は早めにホワイトボードにご記入ください。尚、この日の午後礼拝はありません。
☆6月2日(土)兄弟会の交わり会が行われます。奥多摩の温泉に出かけます。
☆6月23日(土)会堂床のワックスがけを行います。

【結婚式】
☆7月14日(土)出席する方はホワイトボードにご記入ください。

2018年5月6日 片山大輔伝道師 -私は盲目であったのに、今は見える-

ヨハネ9章1~25節

彼は答えた。「あの方が罪人かどうか、私は知りません。ただ一つのことだけ知っています。私は盲目であったのに、今は見えると言うことです。
ヨハネ9:25


5月2日(水)祈り会説教 Ⅰ歴代誌21章「サタンが…主が…」より

Ⅰ歴代誌18-20章には隣国との戦いに勝利し続けるダビデ王率いるイスラエルが描かれています。21章に来て「サタンがイスラエルに逆らって立ち、ダビデを誘い込んで、イスラエルの人口を数えさせた」という出来事が記されています。並行記事のⅡサムエル記を見ると、サタンではなく、「主は…人口を数えよと言って」(24:1)とあります。いずれも事実であり、主の許可のもとサタンが働いているのです。ダビデはこの誘惑に陥り、部下の制止を振り切って実行に移してしまいます。ダビデのこの罪により7万人のイスラエルが倒れました。主はこのような事態をゆるされた理由が重要です。このあとダビデは先見者ガドにより祭壇を築くことを命じられるのですが、そのときダビデは抜き身の剣を手に持つ、主の使いの姿を見ました。見るや否やダビデはひれ伏して礼拝したのです。主の使いとは神として存在されるお方です。受肉前のキリストとも言われます。さて、神がダビデにイスラエルの数を数えさせたのは、罪の弱さを自覚させるためであり、拝するお方はただ一人であることを教えるためです。歴代誌には省かれていますが、敵との戦いに勝利し続ける間にダビデは、数、権力の誘惑に陥る以前に、異性の誘惑に陥りました(Ⅱサムエル11章)。サタンに完敗したダビデは、罪に陥ったところからまことの神を見上げたのです。「この私の力…がこの富を築き上げたのだ」と言わないように気をつけなさい。あなたの神、主を心に据えなさい…」(申命記8:17,18)神は私たちに問題が起こることを約束されます。その目的は認めるべきお方を認めるためです。その目的が達成されていない間は、問題の解決を祈っても聞かれることはないでしょう。

2018年5月6日 週報より報告

【中高生特別集会】
☆4月29日(日)中高生特別集会が行われました。「学校生活」というテーマで少年イエスの学ぶ姿、仕える姿(2:46-52)から教えられました。

【塗り替え作業】
☆4月29日(日)玄関スロープとバラのアーチの塗り替え作業が行われました。

【青年フェローシップキャンプ】
☆5月3日(木)~5日(土)青年フェローシップキャンプが行われました。「後悔しない」というテーマでエバンズ師からみことばが語られました。悔い改め、献身など多くの決心者が起こされました。

【本日の説教者】
☆本日は調布バプテストテンプルの片山大輔伝道師を説教者としてお招きしています。総合商社にお勤めのときにクリスチャンである上司に誘われ調布教会へ。1986年にイエスキリストを救い主として信じる。2013年に献身に導かれ会社を退職、神学校に入学。2017年に卒業、現在調布教会で伝道師としてお仕えしている。二男一女の父。

【教会ヴィジョン】
☆上記の教会ヴィジョンが礼拝堂に掲げられました。

【本日の予定】
☆礼拝後、青年キャンプ参加者による賛美と報告があります。
☆本日牧師は滝山聖書バプテスト教会の修養会で説教奉仕です。
☆14時から午後礼拝、礼拝に引き続き片山大輔伝道師が取り次ぎます。
☆会堂清掃後、聖歌隊の練習を行います。

【予定】
☆5月27日(日)墓前礼拝を行います。教会を13時に出発し奥多摩へ向かいます。参加者はホワイトボードに名前を明記してください

2018年4月29日 ペテロの手紙第一 -万物の終わりに備えて-

講解説教No.22
Ⅰペテロ4章7~8節

万物の終わりが近づきました。ですから、祈りのために、心を整え身を慎みなさい。                        
Ⅰペテロ4:7


 ペテロは万物の終わりが既に来てしまっている(終わりではないが)、だから武装しなさいと命じています。迫害や困難に備えての武装をし続けているわけには行かず、万物の終わりに目を留めなければなりません。そうすることが結果として試練に耐えることになります。万物の終わりを見据えてすべきことが、祈りの生活のために心を整えることです。現実の生活から遊離した思いではなく、そのただ中で切迫した終わりの時を待つことが求められています。万物の終わりとは主のさばきの時であり、主が救われた者を迎えに来る時です。これを動機にすると現実を見据えつつ心を整えることができるのです。もしそうしなければ、世の煩いに信仰者の心は沈み込むと聖書は警告しています(ルカ21:33,34)。もう一つすべきことは身を慎むことです。万物の終わりを見据えて自分のからだを自制し、節制することです。私たちは既に罪の支配から解放されているので、欲に引かれることはあっても、罪から離れることが出来る立場にいます。その上でその身を節制するように呼び掛けています。現在節制が必要なことがありますか?もしあるなら、健康のため、健全な生活のためではなく、万物の終わりを待ち望む生活のために節制しましょう。このようにして私たちは心と身体に良いことをして祈りの生活に備えるのです。これらが神に対して行うこととして語り、次にペテロは人に対して行うこととして、「互いに熱心に愛し合う」ことを命じています。その理由は「愛は多くの罪をおおうからです」と述べています。もし私たちが兄姉たちの小さな欠点や失敗を赦すことをしないとしたら、万物の終わりを見据えることが出来なくなります。迫害や困難が増してくる終末において、クリスチャンの失敗や罪も増すでしょう。もちろん罪を犯した本人は神の御前に悔い改めなければならないのですが、問題はその罪や欠点を受けた兄姉たちが、相手の犯した過ちを赦すことができるかどうかなのです。