2017年6月25日 ルカの福音書 -黙って神を待ち望む-

私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の救いは神から来る。
詩篇62:1


講解説教No.120
ルカ23章1~12節

ユダヤの裁判で、イエスが自らを神とすることばを語ったと判断され、有罪が宣告されました(22:70,71)。しかし死刑にするためにはユダヤでその判決が下されても執行は許されていません。それは政治的な判断としてローマの法のもとで行わなければならないのです。そのため彼らはローマ総督のところにイエスを連れて行きました。この時の訴えの一つはカイザルに税金を納めることを禁じたというものです。しかしイエスは「カイザルのものはカイザルに返しなさい」とローマへの納税を認めています(20:25)。敵方が偽証したわけです。もう一つは自分を王であると言って皇帝への反逆罪を訴えました。間違ってはいませんが、イエスは自分の利益と保身に走ってしまうような世の王とは違います。王であるかどうかをイエスに尋ねたところ、新改訳では「そのとおりです」(3)と訳されていますが、原文に近づけて訳すと「あなたたちは言っています」となります。つまりイエスはピラトに対して「はい」とも「いいえ」とも答えておらず、問いに対して沈黙したということです。ガリラヤ管轄のヘロデの調べの時にも「イエスは彼に何もお答えにならなかった」(9)のです。二人の総督が罪を認めることができない不当な訴えがなされていたにも関わらず、イエスが沈黙を貫かれたのは、イエスがただ父なる神に向かっておられたからです。ただ父にだけ聞いておられたからです。私たちもイエスに倣い、神に向かうことが求められています。神に向かうとは人に聞くことを止めることです。或いは自分自身に聞くことも止めるのです。人の言葉は口先だけが多く、欺きの言葉が私たちの内面を支配していることもあります。あのユダヤ指導者たちもそうでした。沈黙はそれらの人の言葉を一切遮断することです。

2017年6月25日 週報より報告

【聖書講演会の祝福】
☆6月17日(土)、18日(日)聖書講演会が行われました。後藤師より4回のメッセージを頂きました。救いのためにお祈りください。メッセージCDが必要な方はお申し出ください。

【開拓教会支援】
☆今年度より宣教献金による国内開拓教会の支援を開始しました。それに伴い宣教の現場に行くこととなり、今年度はカルバリの丘バプテスト教会(千葉バイブルバプテスト教会伝道所)に行きます。日程が7月8日(土)に決まりました。兄弟会を中心にスケジュール、車の手配などの準備を進めます。参加希望者は6月30日(金)までにボードに名前を記入してください。

【本日の予定】
☆14時から午後礼拝を行います。聖書講演会の祝福を受け、今後も伝道を継続していくために聖書から伝道について伺います。

【予定】
☆7月1日(土)13時から青年会の聖書の学びを行います。参加者は当日までにマルコの福音書1章を読んできてください。

【教会のごみ対策】
☆夏場の対策として生ごみを燃えるごみと分別しておいてください。ゴミ収集日(火曜日)まで駐輪場側に置きます(ごみボックスを用意)。収集時に合わせて捨てます。

【神学校】
☆6月29日(木)、30日(金)卒業カンファレンスが行われます。「宣教師の視点で見た日本宣教のあり方」(4講義)。30日(金)14:30から卒業式が行われます。講義の講師、式の説教者はともにマイケルバーゲット先生です。卒業予定者の祝福をお祈りください。
☆30日(金)11時15分から神学校の同窓会が行われ、「仕え続ける喜び」とのテーマで牧師が説教奉仕を担当します。お祈りを。

2017年6月18日 聖書講演会 -平安を求めて-

そして、ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか。」と言った。ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言った。
使徒16:30,31


使徒16章25~31節

「…わたしは、あなたがたに平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います…。」(ヨハネ14:27)
アウグスティヌスという人はこう言いました。「革命家であれ戦争屋であれ、人はだれも平安を欲する。人は常に、自分たちが思い描く、より安心な生活を保障する状況を作り出すために戦うのである」(アウグスティヌス著作集13より)人の安心(平安)を保障するお金、所有物、居場所、人(愛)が失われると不安に陥ります。ですから人はそれらを失わないために日々奮闘するのです。この点に関して二つのことを確認しておく必要があります。①この安心は永続的か一時的か?②この安心はその人を生かすものか?「愚かな者の安心は自分を滅ぼす」(箴言1:32)とあるように、自分の利益だけを満たそうとする利己的な人の得る安心は一時的であり、かえって自分を失わせるものです。安心は事実でしょうが厳密に言えば偽りの安心です。
聖書が提供する安心は、キリストの平安です。これは利己的な安心とは正反対の惜しみなく与える平安です。これは自分の利益を求める必要のないものなので心配したり、イライラしません。むしろ他の人の利益を心がけるので安定した平安を保てます。これを愛と言います。イエスキリストは自分をののしる者さえも愛する完全な愛を実践されました。ですから苦難を受けても平安を抱いていられるのです。それと同じ平安を私たちに与えると言っているのです。いただいた人はその平安を自らのために使いません。他の人の利益のために使います。キリストを信じてこの平安を頂いてください。頂いた人は、他の人がさらに平安を頂いて幸せになるために使ってください。

2017年6月18日 週報より報告

【聖書講演会】
☆昨日から後藤守牧師(熊谷バイブルバプテスト教会)を迎え、聖書講演会が行われています。この主旨は、テーマに基づいて聖書の福音(良き知らせ)をお伝えするもので、礼拝形式で行います。昨日はヨシュア記1章から、「恐れてはならない…神がともにおられる」とのメッセージが語られました。
☆本日10時からは「こんなときどうする?悲しいとき、こわいとき、さびしいとき」とのテーマで後藤師から語られました。メッセージ後、歌と楽器の賛美の時を持ちました。

【本日の予定】
☆本日は聖書講演会です。午前、午後の礼拝で後藤牧師に聖書のメッセージをして頂きます。午後は15時から行われます。

【伝道所訪問】
☆今年度からの国内開拓教会支援に伴い、カルバリの丘バプテスト教会(静岡市)への訪問を行う予定です。7月中の土曜日(第一希望8日)を検討していますが、現在カルバリ教会で調整中です。日程が確定しましたらお知らせします。宣教の現場を見、また交わりましょう。宣教の視点が広がるでしょう。

【JBBF関係】
☆海外宣教レポート「メダン便り」(入江一義宣教師)、国内宣教レポート、アガペー聖書バプテスト教会(マイケルバーゲット師)が届いています。
☆6月29日(木)、30日(金)卒業カンファレンスが行われます。「宣教師の視点で見た日本宣教のあり方」(4講義)。30日(金)14:30から卒業式が行われます。講義の講師、式の説教者はともにマイケルバーゲット先生です。卒業予定者の祝福をお祈りください。
☆30日(金)11時15分から神学校の同窓会が行われ、「仕え続ける喜び」とのテーマで牧師が説教奉仕を担当します。お祈りください。

2017年6月11日 ルカの福音書 ーイエスキリストとは誰か?ー

彼らはみなで言った。「ではあなたは神の子ですか。」すると、イエスは彼らに「あなたがたの言うとおり、わたしはそれです。」と言われた。
ルカ22:70


講解説教No.119
ルカ22章63~71節

 イエスはオリーブ山でサタンとの死闘の祈りを戦い抜かれました。逮捕時も敵に身をゆだねてみこころに進まれます。イエスを捕えた者たちはイエスをからかい、たたき、悪口を浴びせながら夜が明けるのを待っています。正式な裁判は夜が明けてからです。法廷で問われたことは「あなたは神から遣わされた救い主か」です。しかしイエスはお答えになりません。彼らにとってイエスがキリスト(救い主)かどうかはどうでもよく、有罪にする材料が欲しいのです。キリストが誰かという自分の人生を左右する真剣な問いかけでなければ、イエスから答えを頂くことは決してないでしょう。そのあと、イエスは決定的なことをお語りになります。「しかし今から後、人の子は、神の大能の右の座に着きます」これは答えではなく宣言です。彼らは「神のか?」と今一度問い、イエスは「あなたがたの言うとおり、わたしはそれです」とお答えになりました。イエスを問いただし決定的な材料を得たと思っている敵たち。しかしこの裁判において実は、イエスが彼らに対して、「わたしが救い主と答えたら、それを信じるのか?わたしが神の子かと問うが、どう思っているのか、そう信じるのか、拒むのか?」と終始彼らが問われているのです。「神の存在は認めるが、イエスキリストは何なのか?」「キリストを信じるとどんな良いことがあるのか?」と、自分本位な動機で問うたものは、実はイエスから問われていることを知ってください。もちろん、その動機ではイエスから回答は来ません。しかしイエスから真剣に問われていることに気づいた人は幸いである。あなたはどうですか?イエスが救い主であるならその救いを得たいと本当に願っていますか?或いはキリストをまことの神として礼拝し、従う者なろうとしていますか?真剣にその問いを自分になげかけ、その答えによって自分が新しく変えられることを受け入れる覚悟がおありですか?


2017年6月11日 週報より報告

【聖書講演会】
☆今週土曜日(17日)15時より聖書講演会が行われます。説教者の後藤牧師のためにお祈りください。私たちの伝道の働きは祈りと御霊によって初めて可能となります。説教者が用いられ、トラクト配布が用いられ、またひとりひとりの伝道の働きが用いられるために祈りましょう(マルコ1:35,38)。

【本日の予定】
☆13時15分から聖歌隊の練習を行います。
☆本日第二週のため、午後礼拝はありません。
☆14時からトラクト配布を行います。(集合住宅を中心に)配布する方はホワイトボードに名前をお書きください。
☆トラクト配布後、定例の日曜学校教師会を行います。

【予定】
☆6月12日(月)教会車の半年点検です(トヨタのメンテナスパック)。現在約8万キロ。
☆6月15日(木)ドルカス会の礼拝を行います。

【ファミリーキャンプ】
☆ファミリーキャンプ(8/14月、15火)の申込みは来週までです(6/18)。一階多目的室の申込用紙に記入しキャンプ委員までご提出ください。神様の造られた上野原の山と川に囲まれた中で豊かに養われましょう。

【JBBF関係】
☆6月29日(木)、30日(金)卒業カンファレンスが行われます。「宣教師の視点で見た日本宣教のあり方」(4講義)。30日(金)14:30から卒業式が行われます。講義の講師、式の説教者詳はともにマイケルバーゲット先生です。
☆30日(金)11時15分から神学校で同窓会が行われます。牧師が説教奉仕を担当します。お祈りを。テーマ「仕え続ける喜び」
☆手話キャンプ(8/28-30)の第二報が届いています。スケジュール、内容、申込書。
☆クリスチャンナース フェローシップ(9/7,8)の第一報が届いています。

2017年6月4日 ルカの福音書 ーイエスのまなざしの中で生きるー 

主が振り向いてペテロを見つめられた。ペテロは、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは、三度わたしを知らないと言う」と言われた主のおことばを思い出した。
ルカ22:61


講解説教No.118
ルカ22章54~62節

 イエスに従って行くのがクリスチャンの信仰です。しかし様々な困難にあうとき、恐れに捕らわれ、イエスから離れておぼつかない歩みでしか従うことができなくなるときがあります。捕らえられたイエスを遠目で見ていたペテロは、目撃者から次々と、「イエスといっしょにいた、仲間だ、確かに一緒にいた」と声をかけられます。そのたびに否定しました。そしてイエスの予告通り、三度目に否定している最中に鶏が鳴きました。彼は数時間前の食事の席で「わたしを知らないと言います」と指摘されたばかりなのに、なぜ最初に否定した時に気づかないのでしょう。彼が気づいたのはイエスが見つめられた時でした。このまなざしに込められたものは、先ほどイエスがペテロに語ったおことばを思い出させるものです(31-34)。サタンの試みの事実と、それに負けるペテロの弱さと、信仰がなくならないようにと祈られたイエスのとりなしの事実をもう一度アイコンタクトで語っておられるのです。信仰がなくならないようにとは、イエスとの関係が失われないようにということです。なくてならない関係を信仰者自らが断ち切ろうとするのを、イエスはどこまでも保ち続けようとしておられるのです。イエスがペテロに語られたおことばとまなざしは、信仰者との交わりを保とうとする強い意志の表れです。これに対するペテロの涙はイエスの愛に対して感極まった涙ではありません。自らの罪に気づかされた失望の涙です。聖書はこのあとペテロが信仰の挫折から立ち直ったとは語っていません。彼が立ち直ったのは、イエスがまずそのために十字架で死なれ、三日目に復活した、そのイエスにお会いしたときでした。ペテロは自分の力でどうにかするという望みを失いました。しかし彼は幸いです。自分の罪に絶望し、イエスの十字架と復活を心から必要としたからです。