2017年12月3日 ペテロの手紙第一 -偽りのない兄弟愛-

あなたがたは、真理に従うことによって、たましいを清め、偽りのない兄弟愛を抱くようになったのですから、互いに心から熱く愛し合いなさい。
Ⅰペテロ1:22


講解説教No.7
Ⅰペテロ1章22~25節

 聖なるものとされることの一つに「互いに心から熱く愛し合う」ことが教えられています。試練という困難の中にいると余裕がなくなります。だからこそ心から熱く愛し合うことがクリスチャンに求められています。一般的な教えであれば「余裕がないのだから愛し合うよりもむしろ、そっとしておく」となるのではないでしょうか。聖書の教えは、『あなたがたが新しく生まれて兄弟愛を抱くようになったのだから、互いに愛し合いなさいなさい』となっています。「新しく生まれた」とは私たちの新しい立場です。その立場が互いに愛するという行動の根拠となります。立場があいまいな状態であれば行動も不安定になります。愛し合うどころかさばき合いかねません。立場があって次にそれに基づく行動があります。この順序が逆にならないように注意しましょう。手紙の読者たちには「悪意、ごまかし、ねたみ、悪口」捨てなければならない状況があったようです(2:1)。そのとき解決策としてまずその行動の部分を矯正しようと努めます。しかしペテロ(聖書)の解決は、彼らの立場を再認識させることでした。23節以降で「あなたがたが新しく生まれたのは」と繰り返しその立場を思い起こさせています。しおれて燃やされてしまう草や花に人がたとえられています。はかない命を持つ私たちが新しく生まれたのです。この新しいいのちは神のことばによって生み出されるのです。いつからか、私たちは神のことばに触れ、事実神のことばだとその福音を信じたのでした。これまでにペテロは3つの朽ちないものを述べています。朽ちない資産(4)、朽ちるものによらない贖い(18,19)、朽ちない神のことば。新しく生まれた私たちは朽ちることのない性質があります。この立場があるから兄弟愛を抱くのであって、愛し合うことが可能となるのです。自分に失望せずみことばの事実に立ちましょう。

2017年12月3日 週報より報告

【報告】
☆11月26日(日)年末大掃除を行いました。会堂内全体と玄関前、庭木に至るまで兄姉の協力によりきれいにすることができました。クリスマスの装飾も行いました。
☆11月26日(日)午後、牧師は京葉地区合同青年会で祝福のうちにみことばを取り次ぎました。お祈りを感謝します。
☆12月2日(土)フローリング(礼拝堂、多目的室、ベビールーム、階段、踊り場)のワックスがけを行いました。

【本日の予定】
☆14時からの午後礼拝は右記のテーマでメッセージが語られます。聖書から「仕事」に対する正しい位置づけも学ぶことができます。
☆清掃後、清掃と聖歌隊の練習を行います。

【予定】
☆12月7日(木)10時半からドルカス会の聖書の学びを行います。マルコ5章を事前にお読みください。
☆12月9日(土)14時から青年クリスマス会を行います。中高生をご招待し、メッセージ、クレープづくりなどの交わりを共にします。
☆12月10日(日)13時30分から臨時教会会議を行います。

【クリスマス祝会について】
☆12月24日(日)昼食時にクリスマス祝会を行います。食費が大人600円、子ども300円 です。祝会では①プレゼント交換を行います。参加希望者は500円程度のプレゼントのご用意を。②ビンゴ大会を行います。ご自宅に景品となるものがありましたらご提供ください。ご協力よろしくお願いします。

【国内宣教支援クリスマス特別献金】
☆カルバリ、上田、足利教会の牧師・伝道師ご家族へのクリスマス特別献金を引き続きよろしくお願いします。12月10日締め切り

【クリスマス】
☆今週末から立川教会のクリスマスが開始です。祝福を祈りましょう。9日(土)14時青年、14日(木)10時ドルカス、16日(土)14時日曜学校、23日(土)18時燭火礼拝、24日(日)11時クリスマス礼拝、昼食時祝会

2017年11月26日 ペテロの手紙第一 -神を恐れかしこんで-

また、人をそれぞれのわざに従って公平にさばかれる方を父と呼んでいるのなら、あなたがたが地上にしばらくとどまっている間の時を、恐れかしこんで過ごしなさい。
Ⅰペテロ1:17


講解説教No.6
Ⅰペテロ1章17~21節

 前回、「聖なるものとされなさい」(15)との勧めがありました。聖とされることは心を引き締めること、身を慎むこと(13)、また欲望に従わず、従順な子どもとなることでした(14)。神が私たちを聖なるものとすることは、聖ではないものと区別をされたということです。神があちらとこちらとを分け隔てることを「さばく」と言います。神の好みでさばいたのではなく公平にさばかれました。その「さばく方をあなたがたは父と呼んでいるのなら」とペテロは言います。言いたいのは「あなたがたが神の子どもであるのなら…地上にしばらくとどまっている間の時を、恐れかしこんで過ごしなさい」ということです。クリスチャンの本国はこの地上にはありません。私たちは天の故郷を離れて異国に住んでいるのです。そうであれば、地上が永住地であるかのように腰を落ち着けるべきではありません。聖書はクリスチャンたちに天に国籍を置く神の子どもとしての自覚を促しています。そうであれば我が家(天国)を心待ちにして、地上で落ち着く生活を望むことなく、聖なるものとされた生活に励むことができます。「父祖伝来のむなしい生き方」とありますが、それは銀や金のような朽ちる物に頼る生き方です。神の子どもとしての自覚があるなら、そのような生活を必要としないのです。その生活に戻るべきではありません。なぜなら、そこから贖い出されたからです。何かの身代わりに殺されることが贖うことです。いのちの身代わりなので物や代用では駄目なのです。生身のイエスキリストが身代わりとなって初めて贖うことが出来ます。10億でも100億でも足りない膨大な身代金が支払われたのです。それを支払うことは神にとっても簡単なことではありません。ひとり子の神が肉体をとって身代金としたからです。「傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血」がそれです。神のこの犠牲の大きさから自分の罪の重大さを判断しようではありませんか。そのことが神を恐れかしこむ生活へと直結します。

2017年11月26日 週報より報告

【祈り会】
☆祈り会では旧約聖書からメッセージがされています。創世記から始めて、各章ごとに書簡全体の神のご計画がわかるように学んでいます。11月22日(水)で第二列王記を終えました。サウル王から始まったイスラエルの王制が神の手によって強制的に止められました。次週からⅠ歴代誌です。

【本日の予定】
☆13時から年末大掃除を行います。物品施設管理委員会の指示に従い掃除を行ってください。雑巾のご提供に感謝します。
☆本日大掃除のため、午後礼拝はお休みです。
☆本日15時30分から牧師は船橋聖書バプテスト教会を会場とした京葉地区合同青年会で説教奉仕です。「この世にあって勝利者として歩むには」とのテーマで60名ほど参加予定です。参加する青年たちに祝福があるようにお祈りください。

【予定】
☆12月2日(土)10時から教会フローリングのワックスがけと玄関のスロープのペンキ塗りを行います。参加者は本日中にホワイトボードに記名してください。
☆12月10日(日)13時30分から臨時教会会議を行います。

【国内宣教支援クリスマス特別献金】
☆カルバリの丘バプテスト教会、上田聖書バプテスト教会、足利聖書バプテスト教会の牧師・伝道師ご家族にクリスマス献金をささげるため、兄姉に特別献金を募っています。配布資料を参考に、12月10日(日)までに「国内宣教支援クリスマス特別献金」と明記しおささげください。教会指定の献金袋もありますのでお使いください。

【JBBF機関誌】
☆海外宣教情報誌の「宣教クォータリー」、国内開拓情報誌の「かいたく」、それぞれ最新版があります。立川教会の支援先以外の開拓情報も掲載されています。お読みいただき、祈りに覚えてください。

【クリスマス、その他の予定】
☆9日(土)14時~青年会(中高生招待)
☆14日(木)10時~ドルカス会
☆16日(土)14時~日曜学校
☆23日(土)18時~燭火礼拝
☆24日(日)11時~クリスマス礼拝/昼食時祝会
☆27日(水)19時30分~年末感謝会

2017年11月19日 ペテロの手紙第一 -心を引き締めよ-

ですから、あなたがたは、心を引き締め、身を慎み、イエス・キリストの現われのときあなたがたにもたらされる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。
Ⅰペテロ1:13


講解説教No.5
Ⅰペテロ1章13~16節

 クリスチャンは悲しみのただ中で大いに喜ぶことができます。その説明を受けた手紙の読者たちは大いに励まされました。ただクリスチャンは激励されて終わりではありません。神に選ばれ、イエスと同じ復活体を頂き、永遠の資産を受け継ぐと励まされ、「ですから…心を引き締め、身を慎み…聖なるものとされなさい」と、救われた者としての応答が求められています。心を引き締めるとは、力仕事や走る時に当時の裾の長い服を腰帯でギュッと締めるニュアンスです。試練の中だからこそ、「よし、やるぞ!」といった姿勢が求められています。「身を慎め」とは「酔っぱらうな」とのもとの意味で、酒にも主のおしえ以外の考えや思想にも酔うなとの勧めです。つまりクリスチャンとして前後不覚にならず、平静で冷静な判断を保つことが求められています。気合を入れて単に心を引き締めていては身が持ちません。必ず実現するキリストの再臨を保証として心を引き締めると良いのです。また、従順な子どもとなることも求められています。キリストを手本とした生活を送ることです。消極的には欲望に従わない生活です。欲に従う人の特徴は「無知」です。無知とはイエスを知らないことです。救いのための世の光、救われた者がどのように歩んだらよいかの道しるべとなる方を知らないとなると、自分の好きなように歩むほかないのです。欲に引かれる人は強い意志を持とうとするのではなく、イエスを知ろうとしてください。最後に「聖なるものとされなさい」との勧めです。心引き締め、身を慎み、従順になることが聖なるものとされることです。このような歩みは無理だと考える人は「聖なるものとなる」と考えている人です。聖書は「聖なるものとされなさい」と勧めています。聖とするのは私たち自身ではなく神です。そうならば必ずできます。神がさせてくださいます。

2017年11月19日 週報より報告

【教会会議】
☆11月12日(日)聖餐式及び教会会議が行われました。各部(ドルカス会、兄弟会、青年会、日曜学校)、委員会(物品施設、伝道、運営)の報告が行われ、9,10月の会計報告が承認されました。

【部会】
☆11月16日(木)ドルカス会で礼拝が行われ「成熟を目指して」と題してへブル5章から語られました。11月18日(土)青年会で聖書の学びが行われマルコ4章から「みことばを聞く力」について考えました。

【本日の予定】
☆14時から午後礼拝を行います。
☆午後礼拝後、清掃および聖歌隊の練習を行います。

【予定】
☆11月26日(日)13時から大掃除を行います。同日15時30分から牧師は京葉地区合同青年会で説教奉仕です(会場:船橋BBC)。☆12月2日(土)10時から教会フローリングのワックスがけを行います。
☆12月10日(日)13時30分から臨時教会会議を行います(会議にて承認済)。

【クリスマス特別献金】
☆国内開拓支援を行っているカルバリの丘バプテスト教会、上田聖書バプテスト教会、足利聖書バプテスト教会の各先生ご家族にクリスマス献金をささげます。そのための特別献金を募ります。配布資料を参考に祈りにつつおささげください(会議にて承認済)。

【クリスマスの予定】
☆9日(土)14時~青年会
☆14日(木)10時~ドルカス会
☆16日(土)14時~日曜学校
☆23日(土)18時~燭火礼拝
☆24日(日)11時~クリスマス礼拝/昼食時祝会

2017年11月12日 ペテロの手紙第一 -見てはいないけれども信じている-

「あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。」                Ⅰペテロ1:8

講解説教No.4
Ⅰペテロ1章8~12節

 クリスチャンは悲しみのただ中で大いに喜ぶことができます。それは「信じている」ということが喜びと幸福を確信させてくれているからです。著者のペテロは肉体を持つイエスに直接お会いしていました。しかし私たちは直接お会いしたことも、触れたこともありません。それなのに愛しているのです。愛するというのは、神の祝福が欲しいから信じ、愛するのではありません。信じ、愛した結果、神の祝福に預かるのです。その意味から、ご利益を前提とした宗教には本来愛を必要としません。その宗教においても「信じる」という言葉が使われるでしょうが、「イエスを信じる」と同じにはなり得ません。直接お会いしていないのに愛しており、試練の中で悲しみつつも、イエスと直接お会いするのをずっと待ち望むことなど、利益を優先する人たちには極めて難しいことなのです。試練の中でこそ、イエスを信じている信仰こそが喜びと幸福を確信させてくれていることを知ってください。この救いについて聖書の預言者たちは熱心に尋ね、また細かく調べました。私たちは救いの喜びを知っていますが、彼らはそれを知らないから、知りたくて尋ね、調べたのです。また御使いたちも、この救いとその喜びについてはっきり見たいと願いました。御使いたちも味わいたかったからです。私たちは味わっているのです。ペテロは手紙の読者たちに、与えられた救いの素晴らしさと偉大さを言葉を言い換えながら、くどいほどに繰り返し教えました。その救いに基づくなら試練のただ中で本当に喜ぶことが出来るからです。救いの教えをリピートし続けているもう一つの目的は、私たちが救いの素晴らしを忘れてしまう(見失ってしまう)からです。日常の勉強や仕事の忙しさで忘れ、人間関係で忘れ、逆に魅力的なことが他に起こると忘れてしまうのです。私たちに与えられた救いはそんなにもく弱いものでしょうか。そうではないのだとしたら、どうしてそうではないのか、みことばからしっかり検証してください。検証したなら、あなたの困難な状況の時、改めて自分に与えられた救いを見つめ直してください。そして、これ以上大丈夫と言えるものはないとの結論が出て来ることを確かめましょう。