2018年1月21日 ペテロの手紙第一 -りっぱにふるまいなさい-

異邦人の中にあって、りっぱにふるまいなさい。そうすれば、彼らは、何かのことであなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのそのりっぱな行ないを見て、おとずれの日に神をほめたたえるようになります。 
Ⅰペテロ2:12


講解説教No.12
Ⅰペテロ2章11~17節

第一の手紙の第二段階に入ります。神の民が宣教の使命を果たすための対処として、肉の欲を遠ざけること、りっぱにふるまうこと(生き方を示す)が勧められています。生活の中で引っ張られる様々な強い欲のことで、惰眠や暴食(箴言23:21)、度を越えた会話(Ⅰテモテ4:7)なども肉の欲です。それらが強い欲だという自覚がなくても、宣教に対する意識が低かったり、頭ではわかっていても伝道のために行動を移せないことがあれば、たましいに戦いをいどまれているのかもしれません。この消極的対処に対してペテロは「りっぱにふるまいなさい」との積極的対処を特に勧めています。立てられている権威者(政府)に従い敬うことです。神によって立てられている故に従います(ローマ13:1)。ペテロの時代に残忍なネロ皇帝が在位していましたが、それにも敬意を払うことが求められています。その神のねらいは、私たちの一貫した生き方を見て、神から離れていた人たちが神をほめたたえるようになるためです。もう一つはクリスチャンの立派なふるまいによって、私たちを非難する人たちの無知の口を封じるためです。彼らが偽りであることを私たちの生き方によって証明するのです。善人、悪人のどちらであっても従うことができるのは、クリスチャンが「自由人」だからです。兄弟を愛すること、すべての人を敬うこともりっぱなふるまいです(17)。相手を敬うとは、自分の利益のために他の人を動かすようなことをしないということです。それは自分の利益の手段としての対象者であって、そうではなくて、すべての人は愛する対象です。私たちが何のために肉の欲を遠ざけ、何のためにりっぱな生き方をするのか、ここで教えている聖書の理屈から離れないで考えましょう。そうすれば禁欲的、律法的な生活にはならず、りっぱな生き方ができます。

2018年1月21日 週報より報告

【聖書贈呈】
☆1月14日(日)聖書を贈呈式が行われました。

【教会会議の祝福】
☆1月14日(日)聖餐式および教会会議が行われました。転入会の証しがされ全会一致で承認されました。各部会の報告がされました。運営員会より今後の予定が確認されました。会計より2017年11、12月の会計報告がされ承認されました。

【青年キャンプ主催依頼について】
☆2019年の青年フェローシップキャンプの主催依頼を受け教会会議で引き受けるとの決議をしましたが、船橋聖書バプテスト教会が主催することになりました。新たな依頼としての2020年の主催については次回会議にて諮ります。

【夏季キャンプについて】
☆立川教会の夏季キャンプについて、アンケートと会議での検討の結果、8月11日(土)12日(日)もしくは、8月13日(月)14日(火)のいずれかの日程で、教会にて修養会(宿泊せずに通う)を行うことに決まりました。

【本日の予定】
☆14時から午後礼拝を行います。ヤコブの手紙の第二回、右記のテーマで語られます。
☆会堂清掃後、聖歌隊の練習を行います。

【予定】
☆2月11日(日)13時から中高生特別集会を行います。テーマは「友を選ぶ」です。

【宣教大会】
☆2月25日(日)吉田正治宣教師を迎え宣教大会を行います。これに伴い2月を宣教月間として11日、18日、25日の各礼拝で宣教に関するメッセージが語られます。2月11日(日)から信仰約束献金の更新を呼びかけます(3月4日締切)。

【婚約式】
☆3月4日(日)礼拝後に菊田景相兄と荒井千穂姉の婚約式を行います。

【ジュニアキャンプ】
☆3月27日(火)~29日(木)全国ジュニアキャンプが行われます。2月11日(日)までにお申し込みください。詳細は掲示板を。

2018年1月14日 ペテロの手紙第一 -福音を宣べ伝えるために-

しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。  
Ⅰペテロ2:9


講解説教No.11
Ⅰペテロ2章9、10節

 試練の中で悲しんでいる兄弟たち(1:6)を励ますことが手紙の目的の一つです。1章から読み進めて来た最初の締めくくりは2章10節までで、結論は「あなたがたが宣べ伝えるため」(2:9)となっています。励ましの必要なクリスチャンに「平安を祈ります」とか「主が共におられます」という言葉かけは良くありますが、「福音を伝えるため!」というのは独特です。クリスチャンの常識を改める必要があります。その改め作業は、この手紙で教えられているとおり受け取れば良いのです。私たちが罪から救われた目的は「霊の家(教会に築き上げられ)る」ためです(2:5)。その教会が福音を宣べ伝えるのです。福音を宣べ伝えるために召し出されたのであるなら、私たちが「選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民」であるとの自覚が必要です。①神の愛ゆえに選ばれ、新しく生まれた新しい種族であること、②神の御前に礼拝をささげ、外には福音を伝える祭司であること、③他と違いを見せる神に属する国民であること、④神の所有であるがゆえに新しい価値と品位と偉大さを持つ者、それが私たちです。そしてその目的は神のすばらしいみわざである福音を宣べ伝えるためです。私たちの置かれた立場を自覚しているなら、福音宣教を躊躇や遠慮をしたりしないはずです。私たちは「以前は神の民ではなかったのに、今は神の民です。以前はあわれみを受けない者であったのに、今はあわれみを受けた者です」これはホセア2:23の引用ですが、必定以上に今ある立場の念を押しています。神にあわれんで頂かなくては救われることも福音を伝えることも出来ないのが私たちです。主のあわれみにただ感謝します。いましばらくの間、さまざまな試練の中で悲しまなければならないのは、神の民として或いはあわれみを受けた者として福音を宣べ伝えるためです。また互いに愛し合わなければならないのも、福音を宣べ伝える手段としての教会に私たちが築き上げられるためです。これらの聖書の真理の受け入れと実践こそが最大の励ましなのです。

2018年1月14日 週報より報告

【ヴィジョン】
☆1月7日(日)礼拝でヴィジョンが語られました。「イエスを愛し、互いに愛し合うという戒めを守る教会にご自身を現す」という理由からこの戒めに取り組むことを確認しました。主は世にはご自身を現さないので、宣教を行うために、尚更実践して行きます。(ヨハネ14:21-24)

【本日の予定】
☆13時30分から聖餐式及び教会会議を行います。各部、委員会からの報告、会計報告、牧会報告のほかに転入会の証し、キャンプ関係などの議題があります。教会員はご出席ください。
☆本日の午後礼拝はありません。
☆会堂清掃後、日曜学校教師会を行います。

【予定】
☆1月18日(木)10時30分からドルカス会を行います。第三週は礼拝です。
☆1月20日(土)13時から青年会を行います。マルコの福音書5章を学びます。
☆2月11日(日)13時から中高生特別集会を行います。テーマは「友を選ぶ」です(第3回)。昨年からテーマを絞って学んでいます。これまでに「男女のかかわりについて」、「受験について」学んできました。

【宣教大会】
☆2月25日(日)宣教大会を行います(10時~日曜学校、11時~礼拝、14時~午後礼拝)。説教者は吉田正治宣教師(香港宣教)です。宣教大会とは、キリストの福音を宣べ伝えることを推進するための集いのことです。

【神学校】
☆神学校(長野県軽井沢町)の冬期講座の案内が来ています。日時:1月30日(火)、31日(水)、テーマ:「福音と文化」、講師:斎藤秀文牧師(金沢BBC)、加治佐清也伝道師(上越BBC)

【衛生】
☆ウィルス性の風邪が流行っています。昼食前に手の消毒を必ず行ってください。

2018年1月7日 新年礼拝 -互いに熱心に愛し合いなさい-

イエスは彼に答えられた。「だれでもわたしを愛する人は、わたしのことばを守ります。そうすれば、わたしの父はその人を愛し、わたしたちはその人のところに来て、その人とともに住みます。         
ヨハネ14:23


ヨハネの福音書14章21-24節

 ペテロの手紙第一の中で、「霊の家に築き上げられること」(2:5)、「互いに愛し合うこと」(1:22,3:8,4:8)にペテロがこだわっているのはどこから来るのでしょう?福音書を探りその理由がわかって来ました。イエスは「わたしの戒めを…守る人…わたしを愛する人…にわたし自身を現します」(ヨハネ14:21)と言われました。それに対して「…世には現そうとなさらないのは、どういうわけですか。」(14:22)と尋ねる弟子が。イエスの回答は「(わたしを愛し、わたしのことばを守る人)の所に来て、その人ともに住みます」(14:23)でした。世には直接神との愛のかかわりを現わすことができないということを暗に答えています。英訳は「わたしたち(御父と御子)は、イエスを愛し、互いに愛し合うという戒めを守る人の所に来て、その人と家を共にする」(14:23)家を共にするその住家とは教会のことです。神は互いに愛し合う教会を住家とされ、イエスを現わしてくださいます。だからペテロは霊の家に築き上げられ、そこで互いに愛し合うことにこだわったのです。もし教会が戒めを守らなかったらイエスを現わす光は弱いのです。私たちは単に戒めだから守るのではありません。信仰者としてふさわしいからでもありません。神の深いお考えがあるから守るのです。実に守りがいがあるではありませんか。もう一点、互いに愛し合うためにイエスにとどまることをしましょう。これは必須です。ヨハネ15:1-10の間に10回も繰り返し話されています。これは「滞在する、宿泊する」との意味もあります。復活後のイエスに出会ったエマオの途上の二人の弟子は家にイエスをお泊め(とどまる)しました。そうしたら彼らの心が開かれ、イエスがよくわかり、心が熱く燃えました。わずか一日だけでもそれだけの影響を受けたとすれば、継続してイエスに留まり続けるなら、どんなことが起こるか想像が及びません。

2018年1月7日 週報より報告

【元旦礼拝】
☆1月1日(月)元旦礼拝が行われました。「私の願い、主の家に住むこと」と題して、神との交わりを優先的に決意する必要性が語られました(詩篇23篇6節)。

【国内宣教カンファレンス】
☆1月4、5日朝霧高原で国内宣教カンファレンスが行われました。「日本宣教の新しい視点」というテーマで、講師の斎藤秀文師より『宣教のために聖書を読んでいないか(使っていないか)?聖書が伝える宣教をしなければならない。』(ルカ24:27)との聖書的視点が語られました。女性集会では2名の女性伝道師の証しが語られました。

【ヴィジョン】
☆本日の礼拝説教は2018年の教会ヴィジョンが語られます。志を一つにしましょう。

【本日の予定】
☆礼拝後、青年は礼拝堂前に集まってください。牧師から報告があります。
☆14時から午後礼拝を行います。本日から午後礼拝の説教は「ヤコブの手紙」です。ユダヤ人クリスチャンに向けて信仰生活の実践面の強化が語られています。

【予定】
☆1月14日(日)13時30分から聖餐式及び教会会議を行います。転入会の証など重要な議題があります。教会員はご出席ください。
☆2月11日(日)13時から中高生特別集会を行います。テーマは「友を選ぶ」です。

【アンケートについて】
☆教会の夏季イベントに関するアンケートを配布します。前回のアンケートで日程希望がお盆休みに集中しましたが、前回使用した施設の今年の予定は埋まっていました。それに基づき2案をご提示しました。ご協力ください。

【教会カレンダー】
☆カレンダーの在庫があります。自宅用、贈呈用にご活用ください(複数可)。

2017年12月31日 ペテロの手紙第一 -より頼んでいる人、より頼んでいない人-

したがって、より頼んでいるあなたがたには尊いものですが、より頼んでいない人々にとっては、「家を建てる者たちが捨てた石、それが礎の石となった」のであって、「つまずきの石、妨げの岩」なのです・・・。
Ⅰペテロ2:7,8


講解説教No.10
Ⅰペテロ2章7、8節

 これまで励ましと希望を語って来たペテロでしたが、ここにきて、御国の民としての歩みを大きく阻む壁があることを語り始めました。6-8節にかけて旧約聖書のことばを引用し、その当時のイスラエルの信仰を意識しながら語っています。イザヤ28章には神から目をそむけ、欲望のままに歩んで霊的にぼけてしまっている北イスラエルのことが語られています。南ユダ王国についても欲と汚れによろめいている様子が語られています。互いにふらついている信仰状態にもかかわらず、南が北を物笑いの種にしてあざけっています。そのような民に対して神は礎の石、試みの石を置かれたのです(イザヤ28:16)。しかし彼らはなおも神に聞かず信頼を置きませんでした。ペテロは、神をどかして自分の知恵や力だけで現状を乗り越えようとする姿を示し、読者にそうなってはならないと警告をしています。置かれた礎の石、キリストにさえ信頼を置いていれば、他に何もなくても大丈夫と勧めます。しかし神のみことばを受け入れようとしなくなった人たちは、神のお心を考えなくなり、自分の思いに従って歩むため、キリストにつまずき、妨げられたと思うようになりました。形としては信仰者ですが、その心の思いは自分のみを信じる生き方で、神のお心は煩わしくさえ思うようになってしまいました。自分の願い通りにしてくださらない神を嫌います。かといって信仰を捨てるのではありません。その人は依然祈るし、礼拝もささげます。ただその人の求める神は自分の願い通りをしてくれる神を求めます。ここからの脱出の道に即効薬はありません。地道に自分が新しく生まれ、永遠を受け継ぐ立場を確認することです。そのために主のみことばを慕い求めてください。また霊の家である教会に自分を築き上げ続けてください。あなたにとってそれらの優先順位が低くても神にとっては最優先です。