2017年10月15日 ペテロの手紙第一 -選ばれた人々-

イエス・キリストの使徒ペテロから、ポント、ガラテヤ、カパドキヤ、アジヤ、ビテニヤに散って寄留している、選ばれた人々…
Ⅰペテロ1:1


講解説教No.1
Ⅰペテロ1章1、2節

 この手紙は、アジヤ地方に散っている異邦人クリスチャンたちを励ますためのペテロからの手紙です。クリスチャンは地上に属さない者です。歩く道も天へ向かうイエスに従う道なので、世の人々には時に憎らしく、ねたましく映るようです。その摩擦は終末には激しさを増して行きます。ペテロは冒頭の挨拶文から「選ばれている人々」(1,2)と激励します。救われるに値しない罪人をただ神が愛されるがゆえに選ばれました(申命記7:7,8)。ただ救いを頂くだけではなく、「(福音を)宣べ伝えるため」(2:9)に特別に選ばれています。私たちが選ばれているという事実は神の働きが私たちの手に委ねられたことを意味しています。私たちは選ばれたと同時に「寄留している者」でもあります。本来の居場所ではない仮住まいをしているという意味です。そうです、本拠地は天であり、その聖なる国民です。それが地上に仮住まいをしているというのは、そこにいなければならない理由があるからです。宣教です。宣教の原動力はホームである天の故郷を待ち焦がれる思いです(へブル13:14)。これは現実逃避ではありません。クリスチャンは全ての物事を永遠において見ています。この地上の人生を神に向かう旅として見ているのです。この地上のどこかにゴールを設定している人生設計をしているのであれば見直しましょう。繰り返しますが、仮の場所で行うことは神から委ねられた宣教です。それぞれの立場を生かして、その神のみこころに生きることが真の生き方です。それがわからなくなっている人は、神に選ばれていることを明確にしてください。何のために選ばれているかも。ペテロは再度「選ばれた」(2)ことを確認しました。神の予知に従い選ばれ、御霊の聖めによって選ばれ、キリストに従うように選ばれ、その血の注ぎかけを受けるために選ばれたと。

2017年10月15日 週報より報告

【聖書】
☆10月8日(日)袁培瑄(えんぺいせん)姉に聖書が贈呈されました。おめでとうございます。

【先主日の礼拝】
☆10月8日(日)小林太秀師を迎え、「神を信じる」とのテーマで礼拝メッセージが語られました。 お礼状が届いています。

【めぐみBT奉仕】
☆10月8日(日)牧師はめぐみバプテストテンプルで説教奉仕を行いました。午後には3名の兄弟と「説教」について学びました。澤寿子先生からお礼状が届いています。

【礼拝説教】
☆本日からペテロの手紙第一の講解説教です。「手紙」には必ず書かれた目的があります。それに基づいて内容を理解していくとわかりやすいでしょう。全体を読んでおくと正しい理解のための準備が出来ます。

【本日の予定】
☆昼食後、聖書講演会(21日土曜13時~)の準備を行います。アシスタント奉仕者(SSスタッフ、中高生)は集まってください。。
☆14時から午後礼拝を行います。
☆午後礼拝後、聖歌隊の練習を行います。
☆聖歌隊後、トラクト配布を行います。

【予定】
☆10月28日(土)10時30分から滝山・立川合同青年交わり会が立川教会で行われます。聖書のメッセージ(牧師)と教会間の交わりが祝福されるようにお祈りください。
☆10月29日(日)13時から中高生特別集会が行われます。テーマは「受験」です。メッセージ後、小グループに分かれて分かち合いをします。祝福をお祈りください。

【聖書講演会】
☆今週土曜日(21日)から、いよいよ聖書講演会が行われます。友人、家族を招き、福音を宣べ伝えましょう。西原先生がみことばを大胆に語ることができるように、来会者に救いがあるように祈りましょう。

2017年10月8日 神を信じる ー仁戸名聖書バプテスト教会 小林太秀先生ー

主は彼に仰せられた。「だれが人に口をつけたのか。だれが口をきけなくし、耳を聞こえなくし、あるいは、目を開いたり、盲目にしたりするのか。それはこのわたし、主ではないか。
出エジプト4:11


出エジプト記4章10~12節

[10月4日(水)祈り会説教から Ⅱ列王記15:27-38「主からしるしを求めよ」 ]

15章は北イスラエル国の王様が次々と変わっていくことが記録されています。それは衰退した国の末期症状であり、生けるまことの神を頼らなくなったことの危篤状態です。霊的に衰退していくとともに、隣国のアッシリヤ帝国が年ごとに強くなり、その脅威に悩まされました。あまりの強さに北イスラエルは異教国アラムと同盟国となってアッシリヤに抵抗します。しかしイスラエルの一部が占領されてしまいました。この二国は南ユダ国を同盟国に加えようとします。ユダ国がそれを拒否したため、二国は攻撃を加えて強引にも三国同盟を試みました。このあたりのことがイザヤ7章にも記されています。神は追い込まれたユダ国(アハズ王)を励まされました。「気をつけて、静かにしていなさい…」(4)神が二国を倒すから恐れず静かにしていよと。さらに神はユダ国のアハズ王に「あなたの神、主から、しるしを求めよ」(11)と、アハズ王の心を突いた問いかけをされました。これは『強国アッシリヤのような人間的な力に頼るか、それとも高い天地に住む神に信頼するか』決断を迫るものでした。ユダ国のアハズ王が同盟国に加わることを拒否した本当の理由は、アッシリヤという敵国に助けを求めるという「長い物には巻かれろ」的な発想をすでに心に決断していたしていたからです(Ⅱ列王16:7)。人の心を見抜く神は、助けを求める信仰者を励ますと同時に、人を頼るか神を頼るかも問うてきます。神に祈り頼るように見せながらも、自分の中で人間的な事柄に頼ることをすでに決めている不信仰を立て直すためです。神は励まし以上に、どちらを頼るか?というきわどいところに追い込むことを望んでおられます。信仰の立て直しのない励ましは無意味です。

2017年10月8日 週報より報告

【説教者】
☆本日の礼拝説教者は小林太秀先生です。先生は仁戸名聖書バプテスト教会(千葉市)の伝道師として働いておられます。毎年行われている香港宣教キャンプでは中心的に奉仕されています。これまでに立川教会の日曜学校キャンプ、青年会の説教者としてお招きしています。

【部会報告】
☆10月5日(木)聖書のお話とお料理の会(ドルカス会)が行われました。料理の指導を関姉が担当しました。集会ではルカ12:13-22から福音メッセージが語られました(牧師)。32名が参加、まだ福音を受け入れていない方々が、心が開かれて信じることができるようにお祈りください。

【本日の予定】
☆礼拝後、聖書贈呈を行います。
☆本日牧師はめぐみバプテストテンプル(群馬県大泉)で礼拝説教奉仕です。午後に、現在めぐみBTで説教を取り次いでいる兄弟たちに「説教」についての講義を行います。
☆昼食後、聖歌隊の練習を行います。
☆聖歌隊後、トラクト配布を行います。

【予定】
☆10月28日(土)10時30分から滝山・立川合同青年交わり会が立川教会で行われます。聖書のメッセージ(牧師)と教会間の交わりが祝福されるようにお祈りください。
☆10月29日(日)13時から中高生特別集会が行われます。テーマは「受験」です。メッセージ後、小グループに分かれて分かち合いをします。

【JBBF】
☆10月9日(月)仁戸名教会主催の青少年スポーツ交わり会が稲毛海浜公園ビーチで行われます(掲示板)。
☆10月24日(火)25日(水)神学校のオープンカレッジが行われます(掲示板)。

2017年10月1日 ルカの福音書 -イエスの死と復活の証人-

あなたがたは、これらのことの証人です。
ルカ24:48


講解説教No.131
ルカ24章44~53節

 天に上がられる前、イエスは弟子たちにイエスの証人として大事なことを教えられました。それはイエスが彼らに教えて来られた総括として、①イエスの十字架と復活によって救いが実現すること、②悔い改めてイエスを信じる者に罪の赦しが与えられること、③その救いの知らせが全世界に宣べ伝えられていくこと、これが神のみこころとして必ず実現することを教えたのです。そしてイエスは「これらのことの証人です」と弟子たちに宣言されました。復活の目撃者たちの同じ教え、同じ働きをしている私たちもイエスの証人です。神のみこころは証人たちを通して実現していくのです。更にイエスは証人たちを「聖書を悟らせる」ことで相応しく整えられました。イエスの十字架と復活によって自分の救いが実現したことが本当にわかることが聖書を悟るということです。そのためにイエスは彼らの心を開かれました。それによって初めてイエスの証人となるのです。もう一つイエスが大事なこととして教えたのが、「父の約束」である聖霊を受けることです(使徒1:4,5)。弟子たちはイエスの働きによって宣べ伝えるべき聖書を悟ることが出来ました。そのイエスが地上の生涯を終えて天に上げられたら、だれが心を開いて聖書を悟らせてくれるのでしょうか。そのためにイエスは、代わりの「助け主…聖霊」(ヨハネ14:26)をご準備くださったのです。今私たちが実際に、み言葉が解き明かされて、イエスがわかり、みことばが自分に語っていると受け取ることが出来るのは、実にこの聖霊の働きによるのです。イエスは弟子たちから離れて行かれましたが、彼らはもうイエスの死の意味も、栄光の復活体の事実も疑いません。さらには証人としての使命をも疑いません。イエスが今直接いなくても大丈夫なのは聖霊によっていかなる時もイエスとともにあるという確信を抱いているからです。

2017年10月1日 週報より報告

【西原師ご家族】
☆9月24日(日)日曜学校の聖書講演会のための打ち合わせに西原先生ご家族がおいでくださいました。日曜学校では「プログラミング(スクラッチ)」を導入として小学から中高生世代に福音を届ける計画です。

【滝山奉仕】
☆9月26日(火)牧師は滝山教会のジョイフルタイム(婦人向け)で福音メッセージを語りました。60名の参加、招きに応じる方がおられました。お祈りを感謝します。

【本日の予定】
☆昼食時に日曜学校教師会を行います。
☆14時から午後礼拝を行います。第二テサロニケの2回目です。
☆午後礼拝後、聖歌隊の練習を行います。☆聖歌隊後、トラクト配布を行います。配布中教会に残る方で掃除を行います。

【予定】
☆10月5日(木)10時からドルカス会で「聖書のお話とお料理の会」を行います。牧師が福音メッセージを語ります。お祈りを。
☆10月7日(土)13時から青年会を行います。マルコ福音書3章を読んで来てください。
☆10月8日(日)牧師はめぐみバプテストテンプル(群馬県大泉)で礼拝説教と「説教」についての講義の奉仕です。めぐみ教会の祝福をお祈りください。
☆10月8日(日)の礼拝で小林太秀先生(仁戸名BBC伝道師)がメッセージされます。
☆10月28日(土)10時30分から立川・滝山合同青年交わり会が立川教会で行われます。聖書のメッセージ(牧師)と教会間の交わりが祝福されるようにお祈りください。
☆10月29日(日)13時から中高生向けのメッセージが語られます。テーマは「受験」についてです(牧師担当)。

2017年9月24日 ルカの福音書 -平安があるように-

彼らも、道であったいろいろなことや、パンを裂かれたときにイエスだとわかった次第を話した。これらのことを話している間に、イエスご自身が彼らの真ん中に立たれた。
ルカ24:35、36


講解説教No.130
ルカ24章36~43節

「驚き恐れて、霊を見ているのだと思った」(36)とは復活のイエスにお会いした弟子たちの反応です。すでに復活のイエスに会っている二人の弟子とシモンがいるにもかかわらずこの状況ということは、復活を信じることは難しいと言わざるを得ません。ただ彼らの「霊を見ている」とは、いわゆる幽霊を見ているわけではなく、肉体の伴わない霊的存在としてのイエスを見たとの反応です。これは間違っているのでイエスは訂正して教えます。ご自分の「手や足」を示し、さらに焼いた魚を召し上がってまで示されたのは肉体であり、「肉体をもって復活した」ことを教えられたのです。この復活は罪に完全に勝利したことの証明です。人は死ぬと肉体が朽ちます。それは生命の機能が停止するからではなく罪があるから朽ちるのです。その人間を救うとき、罪の結果である死の支配に肉体のまま勝利しなければなりませんでした。イエスの復活体は空間(ヨハネ20:19)にも、時間(ルカ24:31)にも支配されない栄光のからだです。この方にこそ私たちを罪と死の支配から救う力があるのです。またそれは私たちの復活をも保証するものです(ローマ8:11)。このお方が弟子たちに「平安があるように」と言われました。単なる挨拶ではなく、イエスの平安をお与えになりたいためです。この平安はイエスが肉体をもって復活されたことを信じることによって与えられるものです。人の作り出す平安はすぐ不安になります。その原因は罪です。しかしイエスの平安はたとえ死が迫っても平安です。それは栄光のからだへの復活に基づくものだからです。精神論などと捉えないでください。よみがえられたイエスに肉体があったように、私たちにも現実として「(イエスの)栄光のからだと同じ姿に」変えられるのです。間違いなく平安です。